【エルシーラブコスメティック】とは

私たちが『LC(エルシーラブコスメティック)』ブランドを開始したのは、2003年の10月です。ホームページ作成期間はわずか1週間、自分で手作りをして作成しました。人知れず、ひっそりと『LC』はオープンしました。当時は、わずか2人でのスタートだったのです。

当時のLC(エルシーラブコスメティック)の販売商品は『ジャムウハーバルソープ』と『ラブモイスチャーE』、『ラブグッズ』など数十品目。初日の売上は、実は1件もありませんでした。そのときから、日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱してきたのですが、当初はまったく世の中に受け入れてもらえなかったのです。

2003年当時、この考えは斬新過ぎたのか、当時のLC(エルシーラブコスメティック)はお客様にはすぐにご理解いただけませんでした。また、商品の仕入れをお願いした会社さんには、アダルトグッズを目にした途端『あなたのような会社とは取引できない』とも言われました。

なぜラブコスメティックなのか?

当時からよく、なぜこの『LC(エルシーラブコスメティック)』ブランドを始めたのかと聞かれました。

その問いの答えは、日本の特殊な事情に危惧したためです。日本の間違った性教育の結果なのか、それともセクシャルなものを隠す風習なのか、必要なものが必要な人にわたらなくなっていました。このまま放っておいては、いけないと思いました。「誰もがこれらの商品を、恥ずかしくなく普通に買える世の中にしなければならない」そう思ったのです。

LC(エルシーラブコスメティック)』では『セクシャルに健康であること』を大切にしています。現代医学では長生きや健康の秘訣として「栄養」「休養」「運動」の3つの必要性を説いています。今から5000年も前に誕生したインド伝承の「アーユルベーダ」では、人間が長生きする秘訣として「食事」「睡眠」「性行為」を挙げています。それだけ昔から「性行為」は大切に考えられてきました。そして、私たちも同じように大切にしていきたいと思います。

エルシーラブコスメティック 公式サイトより一部抜粋)

【エルシーラブコスメティック】が思うこと...

* セクシャルヘルスケアを日本ではじめて提唱しました。
* LCのコンドームの使用率を上げる取り組み(エイズ財団へのコンドームの寄付)。
* 4人に1人が、セックス時に痛みが気になっていた(性交痛撲滅)。
* LCがラブグッズを作り続ける理由は?
* 『子供を作るための食事』を教えてくれない授業
* 日本人のベッドでのクリエイティブ不足がセックスレスの原因。
* オーラルセックスに見る男女の見解相違。
* ちょっとした気遣いや思いやりのある男性に。
* 「非日常的空間」を手に入れて、マンネリ解消
* 自分から『生理』と向き合うことをはじめる

当サイトのオススメ情報


当サイト内最新のコンテンツ

LC(エルシーラブコスメティック)のコンドームの使用率を上げる取り組み。

ある日、コンドームメーカーの研究者さんから『日本のコンドームの使用率が上がりません。どうしたらいいのでしょうか?』と相談されました。HIVなどの性感染症の感染者が増える一方、コンドームの出荷数が伸びないとのことです。

そこで、さっそく私たちはその原因を探ってみました。『社団法人 日本家族計画協会』さんの資料を調べていると、驚く結果を目にしました。

●決まった交際相手(配偶者含む)とのセックスでコンドームを毎回使用しているか?

という質問に対し、「必ず使用している」という方が56.3%で最も多く、それに「時々使用している」(24.1%)と答えた方を合わせた、決まった交際相手とのセックスでコンドームを毎回『使用している』(80.3%)という方は8割を占めていました。

次に、

●決まった交際相手(配偶者含む)以外とのセックスでコンドームを毎回使用しているか?

という質問に対し、「必ず使用している」という方が21.1%で最も多く、それに「時々使用している」(4.7%)と答えた方を合わせた、決まった交際相手以外とのセックスでコンドームを『使用している』(25.8%)という方は4人に1人に過ぎませんでした。

つまり、決まった交際相手以外とのセックスでこそ、コンドームの使用に対して積極的であるべきなのに、この結果では、性感染症予防でのコンドームの使用という考えが少ないことを表しています。

この結果は、「コンドームを使っている最も大きな理由は何か」の問いかけにも表れています。コンドームを使っている最も大きな理由を聞いたところ、 「確実な避妊方法だと思う」という方が44.5%で最も多かったのですが、「性感染症予防のため」は9.2%に留まっていました。コンドームを使う理由の 最大の目的が、避妊であるのはわかりますが、あまりにも性感染症予防での使用目的が少ないと感じます。

そして、次に注目したのが、「いつも避妊している」「避妊したり、しなかったりしている」と回答した方(740人)に、主な避妊方法を2つまで聞い た結果です。「男性用コンドーム(86.4%)」、「腟外射精(16.1%)」、「オギノ式(2.7%)」、「基礎体温法(2.6%)」、「女性の不妊手 術(1.5%)」、「飲む避妊法・ピル(0.8%)」、「子宮内避妊具(0.8%)」などの順でした(膣外射精は、避妊方法ではないですね)。

この結果から、女性の積極的な避妊方法の割合が少ないことに私たちは注目しました。これは、避妊に関しては、男性にかなり依存している、もしくは男性主導で行われていることを意味しています。

ここでLC(エルシーラブコスメティック)は考えました。コンドームの使用率をアップするためには、『男性の考えを変える必要がある』と...。

LC(エルシーラブコスメティック)編集部で行った過去のアンケート結果を見ますと、"コンドームをつけない理由"の中から気になるコメントを見つけました。「彼が嫌がるから」「彼が生の感触が一番と言っている」「私は使用した方が安全だとわかっているのですが...」など。

彼女がつけたいのに、彼がつけたがらないことで、"コンドームを使用しない現実"があるようです。この問題をクリアすることで、劇的にコンドームの使用率が上がるのではないかと考えました。

つまり、『彼がつけたがるコンドームを提供すること』です。

そこで注目したのが、ジェルトップ加工のコンドーム『グラマラスバタフライ』。先端についているホットジェルが、女性のデリケートな部分につくことで、『女性が感じてしまう』コンドームなのです。

女性が感じてくれるのであれば、それは男性にとっても嬉しいことです。ゴムをつけないより、このコンドームをつけるだけで、2人の時間が盛り上がるなら、今までのコンドームの常識を超えるかもしれません。

そこでLC(エルシーラブコスメティック)では、グラマラスバタフライの販売方法を『彼氏がつけたい』『2人でつけてみたい』と思っていただけるような表現に変更しました。結果は まさに驚きでした。1日の出荷個数が、これまでの10倍以上になったのです。そして、お客様からは「彼も満足でした」「2人で楽しめて、幸せ!」などと、 嬉しい体験メールもいただきました。

『つけるコンドーム』から『楽しむコンドーム』へ。LCではこれからも、『彼氏がつけたい』『2人で使ってみたい』と思ってもらえるようなコンドームを提供していきます。

※LC(エルシーラブコスメティック)では『財団法人 エイズ予防財団』に、このコンドームを寄付して、感染症予防の取り組みをしております。『彼氏がつけたい』『2人でつけてみたい』と思ってもらえるような パッケージになっていて、配布することで少しでもこのコンドームを使っていただけるよう、努力しております。

エルシーラブコスメティック 公式サイトより一部抜粋)
4人に1人が、セックス時に痛みが気になっていた。

2006年1月にLC(エルシーラブコスメティック)編集部で実施した『セックスに関する』意識調査で、社内で話題になった結果があります。それは、「セックスの時、気になること や、不安はありますか?」という問いに対する回答でした。1位は「気になることや不安はない(36.9%)」でしたが、2位は「性交痛が気になる (26.2%)」であったことです。4人に1人以上が、セックスのときに「痛み」を不安に思っているという結果でした。

さらにさかのぼって、2005年1月にLC(エルシーラブコスメティック)編集部が300名に実施したアンケートでは、「痛いセックスを経験したことは? 」と聞きました。その結果は、265名(88.3%)の女性が経験していると答えました。約9割が、何かしらの『痛いセックス』を経験していたことになり ます。ラブタイムに痛い思いをしたことのない人のほうが少ない、という内容にスタッフ一同共感しました。

セックスは、双方が感じて気持ちいいはずなのに、常に『痛さ』を気にしていては、行為に集中できません。それが重なることで、精神的に感じにくくなってしまうことも。どうにかして、この状況を改善したいと思います。

性交痛にはいろいろな要因がありますが、そのときの体調によって濡れないときもあります。また、時間が長過ぎて、乾いてしまうことなども。さらに痛 いセックスのアンケートのコメントを見ると、「指で力強くかき回された」「前戯がおざなりで、あまり濡れていないのに挿入された」「激しく動かされたと き」など男性側が原因の内容も見られます。

LC(エルシーラブコスメティック)ではそのようなとき、迷わずローションや潤滑ゼリーを使って欲しいと思っています。痛いセックスを我慢していることこそ、大きな問題と思いませんか?せっかくの2人の時間なので、スムーズに楽しみたいものです。

たとえば、普段、メイクをするような感覚で、ラブローションやベッド専用美容ジェルを使うだけで、スムーズに感じやすくなるのであれば、こんなに嬉 しいことはありませんよね。これは、化粧でお肌をケアするのとまったく同じです。ベッドの上でも保湿が足りないときは、補うのが当たり前と考えたいです。

しかし、「ローションやベッド専用コスメを使うのは普通の行為ではないのでは?」と不安に思う方も多いのが現実です。

LC(エルシーラブコスメティック)では、これからも『セクシャルヘルスケア』の一環として、ローションや潤滑ゼリーを使うことが、2人の間で普通になるよう、さまざまな取り組み をしていきます。そして将来、もう一度『セックスに関する』意識調査を行いたいです。そのときには、「セックスの時、気になることや、不安はあります か?」で、「性交痛が気になる」を少しでも減らしていきたいと願っています。

エルシーラブコスメティック 公式サイトより一部抜粋)
自分から『生理』と向き合うことをはじめる

『生理』は、女性が人生において長く付き合っていくものです。初潮を迎えてから、このブルーな日々と毎月、向き合っています。

以前に行ったアンケートで、『生理痛はありますか?』という質問に、約85%の方が『ある』という結果でした。その中でさらに、60%以上の方が『非常にツライ』とお答えいただいております。

LCでは多くの女性スタッフが働いています。そして、毎日のように誰かが『月経前症候群(PMS)』『生理痛』に悩まされています。『イライラする』『なんとなく調子がわるい』『顔から血の気が引いている』『腹痛』『頭痛』『腰痛』など。

ひどい時は、救急箱の痛み止めでなんとか凌ぐことも。みんな、様々な不快感を抱えて仕事をしています。

このような『月経前症候群(PMS)』や『生理痛』は、決して特別なものではありません。排卵のある女性であれば、誰にでも起こる可能性はあります。逆に起こることが女性として健康であるとも言われています。

そんな会社での日常を見ていて、発想の転換をしました。我慢を続けるよりも、積極的に自分から『生理』と向き合うことにチャレンジし、もっと自分の体を大切にいたわっていこうと。

ずっと長く付き合っていくものなので、一方的に我慢するのではなく、自分から『いかに快適に過ごすか』に目を向けました。

そこで、社内でいろいろな方法での実験を繰り返しました。食生活の改善、適度な運動、体を温めるマッサージ、ナプキンなど。スタッフみんなで試して、時には専門家に相談したりしながら、意見を出し合いました。

たとえば、布ナプキンについてはスタッフで環境問題やエコロジーについても真面目に考えました。
いつもなら使い捨ての環境に慣れていますが、洗って何度も使うモノの大切さや、

環境に不要なものを出さない、という意識を持ち取り組みました。

BDAYシリーズを通して、そのような気持ちも伝われば、と思っています。

ちょっとした工夫で、快適な気持ちを取り入れられるように。さらに前向きに進んでいけるように。そして、いくつかの商品が完成しました。

この新しい商品は、『BDAY』と名付けました。"BLUEな日"の"BODY"を、前向きに付き合うことで"BEAUTY"にして、心も体も優しい気持ちで過ごそう、という思いを込めて、3つの頭文字『B』をとりました。

今後もこの『BDAY』は、世の中の女性が前向きに『生理』と向き合っていけるように、継続して新しい企画をしていきます。


エルシーラブコスメティック公式サイトより一部抜粋)
「非日常的空間」を手に入れて、マンネリ解消

LC(エルシーラブコスメティック)が行った「恋人との(夫婦での)セックスに満足していますか?」というアンケートの結果、454名中162名の方が「どちらかというと不満」「とても不満」と答えていました。実に3人に1人の方が、パートナーとのセックスに何らかの不満を持っていました。

その「不満」の理由の中で、このようなコメントを幾つも目にしました。

毎回同じパターン
マンネリ化してきて興奮しなくなった
お互い忙しくてあまりHをする元気がない。いつもワンパターン
愛撫がおざなりで...
マンネリで淡白で、私自身潤いがなくなってきた
エッチの最中のコミュニケーションがない

付き合いが長くなってきた時に出てくるのが、このような「マンネリ」の悩み。出会った頃は、毎回「次は何をする?」とドキドキしていたセックス。

しかし、肌を重ねる回数が増えると、なぜかその感情が薄れていきます。相手のことが好きなことは確かなのですが、なぜか飽きを感じてしまう。できれば付き合った頃のように、常にドキドキしたセックスをしていたいとは思っているけど、上手くいかない。

さらに年月が経過してしまうことで、お互いの好みを熟知してしまい、『恋人』というより 『家族のようなパートナー』的存在になってしまうこともあります。

一緒に暮らすようになってから、別々のときよりもスキンシップが減った
相手の次の行動や好みがわかり、家族のような意識になった
いつの間にかデートが『いつものコース』になって刺激が少なくなった

セックスのマンネリ化は、二人の関係のマンネリ化にも繋がっているようです。

LC(エルシーラブコスメティック)では、この問題について1つの解決策を探しだしました。

それは、単純に2人が「男」と「女」でいられる場を作ること。何も気にすることなく、誰にも遠慮することなく、単に相手を愛することだけに集中できる場。現実とはかけ離れた「非日常的空間」を手に入れること。

そんな大切な人と素敵な時間を過ごす「非日常的空間」として、LCではラブホテルという選択肢を提案します。

最近のラブホテルには、シティホテル並みの高級感や設備が整い、その部屋に入るだけで、まるで2人でリゾートにでも来たような「非日常」を味わえるところがたくさんあります。

何よりも、2人が愛し合うことに集中できる空間なのです。

そんなラブホテルで過ごす、日常から少し離れた、誰にも邪魔をされない極上のひととき。ラブホテルでのそんな素敵なステイを、LC(エルシーラブコスメティック)では『ラブステ(LCLOVE Stay)』と名付けました。

部屋ごとに、いろいろなシチュエーションを選べるラブホテル。そこでは、ドキドキしていたセックスが必ず待っていることでしょう。

そしてLC(エルシーラブコスメティック)では、極上の『ラブステ(LCLOVE Stay)』が出来るラグジュアリーなホテルを厳選してご紹介する、ラブホテル情報サイト『ラブステ』のサービスを開始しました。

「マンネリ」を感じたら、ぜひ2人が「男」と「女」でいられる「非日常的空間」を探してみてください。



エルシーラブコスメティック 公式サイトより一部抜粋)